Loading...

アンカットダイヤモンドの魅力

自然のままの美しさ

アンカットダイヤモンドの魅力

人、ダイヤモンドと出会う

アンカットダイヤモンドの魅力

ジュエリー

自然のままの美しさ

古来、ダイヤモンドは「力」や「強さ」の象徴とされてきました。

人の手がいっさい加えられていない、自然のままのダイヤモンド。独特なたたずまいが醸し出す「神秘性」は、研磨されたダイヤモンドにはない美しさであり、本来の「価値」でもあります。

選りすぐりの原石をカットし、磨きあげれば、ダイヤモンドは華麗な煌めきをとき放ちます。その一方で、自然のままのダイヤモンドは、ひとつひとつ「個性」を秘めているのです。

しかし、極上の艶と透明さを持つものは、ごくわずかしかありません。SUWAが「アンカット(切断・研磨していない)ダイヤモンド」と呼ぶのは、ひときわ艶やかな存在感を放つ奇跡的に生まれたダイヤモンドです。

自然の美の極みである、SUWAのアンカットダイヤモンド。地球が生み出したその美しさは、永遠に人々を魅了し続けるのです。

アンカットダイヤモンドの魅力は
大自然の力強さに満ち溢れていること

神秘的なフォルム

大自然が生み出した正八面体(ソーヤブル)のダイヤモンド。その表面に現れた、逆三角形の模様「トライゴン」。なぜ、このような幾何学的なフォルムが生まれるのか。人知のおよばぬ神秘に、人間は心奪われてきたのです。

大自然の気まぐれ

正八面体だけでなく、不定形(メイカブル)のダイヤモンドも数多く見られます。ふぞろいな形はそれぞれの「個性」となり「表情」となって、静かにその存在を主張しているのです。研磨されたダイヤモンドの華やかな「様式美」とは、対極の美しさです。

世界にただひとつ

形以外にも「色」、「大きさ」、「肌合い」と、それぞれのアンカットダイヤモンドたちが個性あふれる魅力を秘めています。人はひとりとして同じように生まれついてはいません。あなたと同じ人間がこの世界に存在しないことと同じように、アンカットダイヤモンドも世界にただひとつだけの存在なのです。

人、ダイヤモンドと出会う

人、ダイヤモンドと出会う

自然が造形したそのままの姿をとどめるアンカットダイヤモンド。穏やかな艶のある表情からは想像もつきませんが、偶然の重なりによって地球の奥深くで結晶し、地殻変動によって地表近くに運ばれ、風化作用の果てに私たち人間と出会ったのです。微光を放つ、透き通った正八面体の石。太古の人々が初めてダイヤモンドを発見したのは、紀元前800年頃のインドだと言われています。さぞ魅了され、畏怖したことでしょう。お守りとして大切に扱われ、その後、3000年近い人類史のなかで、さまざまな神話や伝説、物語に登場することになります。

アンカットダイヤモンドが誘う悠久の旅

「征服しがたい」という意味のギリシャ語「adamas」を語源とするダイヤモンドは、地球上で最も硬い鉱物です。ヨーロッパで研磨技術が生まれたのは、じつに14世紀に入ってから。しかし、人間が手を加えては〈聖なる力〉が失われると考える人が多く、15世紀になっても正八面体をそのままセットした指輪が好まれました。

大自然の力を秘めたアンカットダイヤモンドは、絶えず人の心に訴えかけます。太古の昔に結晶し、地上で人々と出会い、時代を超えて受け継がれてゆく――。そんな悠久の旅の物語を、私たちに語りかけてくるのです。

ジュエリー

HADES

ただひとり、愛する人を見つけたなら
惜しみなく奪う
たとえすべてを失うことになっても

HADES
ハデスの信念

冥界の王ハデスは、豊穣の女神デメテルの愛娘ペルセポネーに一目惚れし、彼女を強引に連れ去って妻にする――。そんなギリシャ神話のエピソードをモチーフとしたジュエリー。 イヤーカフを地上に、ピアスを冥界に見立て、それぞれにアンカットダイヤモンドを配してハデスを表現した。イヤーカフの水仙、ピアスのザクロは、ペルセポネーの象徴。

HADES
イヤーカフ / ピアス

素材 : Pt950 K18 YG・PG

アンカットダイヤモンド(正八面体)
イエロー / DRコンゴ産 0.61ct、ホワイト / ロシア産 0.42ct、グリーン / DRコンゴ産 0.49ct

ルビー 0.06ct、エメラルド 0.04ct、ダイヤモンド 0.02ct

ソーヤブル

2018年SUWAラフダイヤモンドジュエリーコンテスト最優秀賞 / デザイン:中嶋優花 / 製作:横山達三

JANM

神のいかづちが激しく岩を打つ
そのとき閃光は塊となり
やがて人の世を照らすのだ

JANM
ジャナム

稲妻が岩石に落ちてダイヤモンドができたとされるインドの神話を、シンプルながら立体的に視覚化したネックレス。メレーダイヤモンドを敷き詰めた地金で稲妻を表現し、その中央に正八面体のアンカットダイヤモンドを配した。力強くシャープな躍動感があるジュエリー。

JANM
ネックレス

素材 : K18 YG

アンカットダイヤモンド(正八面体)
アンゴラ産 1.17ct

ダイヤモンド 0.39ct

ソーヤブル

2018年SUWAラフダイヤモンドジュエリーコンテスト優秀賞 / デザイン:青木菜穂美 / 製作者:川島昇

JUSTICE

真実の羽根を一枚、天秤にのせて
もう片方に死者の心臓を
生きてきた真実をはかる審判の時

JUSTICE
正義の天秤

天秤の一方の皿に「真実の羽根」を、もう一方に死者の心臓をのせ、生前の行いの善悪をはかるという、古代エジプトの神話「死者の審判」をモチーフとしたピアス。神話では、羽根のほうが重ければ善人であることが証明される。丸みを帯びた不定形のアンカットダイヤモンドが心臓を表している。

JUSTICE
ピアス

素材 : Pt950 K18 YG

アンカットダイヤモンド(不定形)
アンゴラ産 1.43ct

メイカブル

2018年SUWAラフダイヤモンドジュエリーコンテスト優秀賞 / デザイン:根岸翔子 / 製作:松川覚

LILLIPUT

神秘の石をとじこめる
どこかに消えてしまわないように
その輝きが永遠につづくように

LILLIPUT
リリパット国にて

ジョナサン・スウィフトの小説『ガリバー旅行記』がモチーフ。温かみと神秘性を帯びた正八面体のアンカットダイヤモンドが、小人たちによって地面に縛り付けられてしまったガリバーの姿を表している。遊び心にあふれるデザインと、古代の遺物のような風合いが魅力。

LILLIPUT
リング

素材 : K18 YG

アンカットダイヤモンド(正八面体)
ロシア産 3.96ct

ソーヤブル

2012年SUWAラフダイヤモンドジュエリーコンテスト最優秀賞 / デザイン:長嶋泰子 / 製作:横山達三

SUWA プリスティン

厳選された透明度が高いアンカットダイヤモンドを使用したジュエリー

モデル 黒木渚

黒木渚 公式HP
http://www.kurokinagisa.jp

ツイッター
https://twitter.com/@KurokiNagisa